ゴルフでミスしやすいシャンクの原因と対策

インパクトの瞬間にいきなりボールが右方向に飛び出してしまうシャンクは、ゴルフのミスの中でも特にイヤなものです。

 

初心者の方の中には、シャンクという言葉を聞きたくもないという方もいるでしょうが、実はツアープロであっても極稀にシャンクしてしまうこともあるのです。

 

このゴルフのミスの中でも特にイヤなシャンクが出てしまう原因は、クラブヘッドの根っこ部分にボールがあたってしまうことです。なぜそのようなことになるのかというと、アドレスで構えた位置よりも知らぬ間にヘッドがボールの先の方にいってしまっているためです。

 

では、このシャンクが出てしまわないための対策は何かというと、クラブヘッドの先端でヒットするように意識することです。

 

ただし、これはあくまでも応急処置で根本的な解決方法ではないです。根本的に解消するためには、どのミスにも共通して言えることですが、基本のフォームをしっかりと固めることです。

 

かかとに体重が乗りすぎた状態のスタンスでスイングをしてしまうとシャンクしやすいので、スタンス時のバランスが基本に忠実か確認することです。またインパクト時に腕が離れてしまうとヘッドが予定よりボールの向こう側を通過することになるので、脇を絞めてスイングすることも大切です。このように基本に忠実なスイングを心がけることでシャンクは出なくなります。

 

それから右足を後ろに引いたスタンスで極端なクローズでスイングする練習を繰り返すことも対策のひとつです。左足一本で打つような形にすることで体が前に行ってしまう癖をなくするとシャンクの解消につながります。

 

・他のミスの原因や対策方法