ゴルフでミスしやすいヘッドアップの原因と対策

ダウンスイングからフォローにかけてヘッドアップしてしまうと、右へのプッシュアウト・シャンク・トップなど様々なミスにつながってしまいます。

 

その為にヘッドアップすることに悩んでいる初心者の方も少なくないので、多くの方に共通する悩みの原因と対策について知っておくと役立ちます。ゴルフのミスにつながってしまうヘッドアップの原因はいろいろと考えられますが、ゴルフボールの行き先を気にしてしまうことと、構えがゴルフボールに近すぎるといった2つが主な理由です。

 

特に、目標を意識するあまりゴルフボールの行き先を気にしてしまうことが一番の原因と言えます。

 

ドライバーショットにしてもアイアンショットにしても、インパクト後すぐにボールの行先を確認してしまうことは仕方のないことです。

 

しかし、普通にスイングしてフィニッシュすれば自然と顔は飛球線方向に向くので、本来なら無理に自分から見る必要はないのです。このように、本来は必要のないことをしてしまうことが、まさにヘッドアップの原因なのです。

 

打ったボールがどの方向に飛んでどの程度の飛距離だったのかは気になることですが、その気持ちを抑えて正しくスイングすることに集中すること大事なのです。

 

では、目標を意識するあまりヘッドアップしてしまうことを回避する対策としてはどのようなことがあるのでしょうか?対策としては、インパクト後アゴに右肩がつくまで、ボールのあった場所をしばらく見続けるように心がけることです。ゴルフでは心がけることがたくさんありますが、ボールを見続けることもそのひとつなので、ヘッドアップ解消のためにもスイングする度に思い出して心がけることです。

 

・他のミスの原因や対策方法