ゴルフでミスしやすいダフリの原因と対策

2打目などアイアンでゴルフボールの手前の地面を打ってダフってしまうことも初心者に多くみられるミスです。

 

アイアンでダフる原因

このようにアイアンでダフってしまう原因は、アドレスで構えた時よりもインパクト時に体がボールに近づいていることです。この原因は、スイングする際に手首のリリースが早かったり、頭の位置や膝が沈み込んでしまったりなどいろいろと考えられます。

 

また、クラブを振り下ろした時に右腰が必要以上に前に出ていることも原因のひとつで、その結果クラブの軌道が沈み込んでイメージしている軌道より下を振ることになるのです。

 

アイアンでダフらない対策

このようなアイアンでダフってしまわないようにする対策方法としては、まずどのような理由によりダフってしまっているのかを確認することです。その為には、練習場などで動画を撮ったり他の人に見てもらったりする必要があります。

 

そして手首のリリースに問題がある場合は、なるべくコックの状態を溜める意識でスイングするように心がけることで、そうすればダフってしまうことも少なくなります。

 

ダウンスイングの時に右腰が必要以上に前に出ていることが原因なら、ダウンスイングの時に右腰を支点として体が回転するように心がけることです。その為には、クラブを振り下ろした時に左腰を左手で後ろに押す出す練習をしてみると良いです。また、その時には右腰の位置をそのままにして左腰を後ろに引くようなイメージを持って行うことで、イメージを持つことにより体の動きも変化するものです。

 

・他のミスの原因や対策方法