ゴルフでミスしやすいチョロの原因と対策

ゴルフコースでティーショットを打った時などに、ゴルフ初心者が起こしやすいミスショットのひとつとしてチョロと言うのがあります。このミス打球はゴルフボールの上をクラブヘッドでかするようにスイングすることによりボールがチョロっと転がることからチョロと名称が付いたのです。

 

チョロの原因

初心者がやってしまいがちなチョロの主な原因は、遠くへ飛ばそうとする意識が強すぎるために、どうしてもダウンスイングの時に左の腰が先に伸びて右の肩が落ちてしまうためです。

 

その結果、クラブが描くスイング軌道の最下点がボール手前になって、すくい打ちをしてしまっていることがチョロの原因なのです。つまり、打ち急ぎとクラブのヘッドアップが主な原因です。

 

チョロの対策

では、初心者が起こしやすいチョロの対策としては、どのようなことに注意すると良いのでしょうか?まず腰に意識をおくことで、スイングすることにより腰のベルトが傾かないように意識し腰が伸びないようにするのがひとつのコツとなります。

 

また、スイングの軸となる背中や肩の回転に関しても傾きがないかをチェックする必要があって、串刺しになったイメージで頭を動かさないように心がけることです。

 

ただミスショットとなるチョロはスイング自体に問題があるのですが、最も大きな問題となるのは意識と言えます。

 

遠くに飛ばそうと意識してしまうことにより起こってしまうミスなので、そのような気持ちになってしまった時には、ひと呼吸おいてアドレスに入ることも必要です。良い意味で力を抜いてスイングすることを心がけると、チョロといったミスは減ってくると考えられます。

 

・他のミスの原因や対策方法