ゴルフでミスしやすいトップの原因と対策

ティーショットや2打目など何でもないショットで、ゴルフボールの上の部分を打ってしまいトップを出してしまうことは、初心者のみならず誰でも経験するものです。

 

トップしてしまう原因

トップしてしまう原因はいろいろ考えられますが、一番の原因は右足に重心が乗ったままスイングして、アドレスで構えた時よりもボールとの距離が離れてしまっていることです。そして初心者は、トップしてしまうと次はミスをしないという気持ちが働いて、益々右足に体重が乗る度合い高くなりミスを生み出す悪循環に陥ってしまうのです。ミスをしないようにと意識するよりも正しいスイングを心がけることが大事なのです。

 

トップを治す対策

トップを治す対策は正しい重心位置を身に付けることで、アドレス・バックスイング・フォロースルーの3点で重心をどこに置いたら良いのかを意識することです。アドレスの時はかかとではなくて、足の親指の付け根付近にある拇指球に重心がかかっていることが重要です。

 

バックスイングでは重心が外側に流れないよう右足の土踏まずで受け止めることで、ダウンスイングに入る時には左足で地面を踏みつけるようにします。フォロースルーにおいてもバックスイング同様にしっかりと土踏まずに重心がのっていて、右足がしっかりと地面についていることです。このように正しい重心位置を身に付けると、トップするといったミスは減少することができます。

 

その為の練習法としては、バランス感覚の向上を目的とする片足でボールを打つ練習と、重心コントロールする目的のステップ打ちがあります。ステップ打ちはバックスイングで左足を上げ、そして左足を付けて打つことです。

 

・他のミスの原因や対策方法